現在サロンなどで行われている脱毛方法はレーザー脱毛や光脱毛が主流ですが、それ以外にニードル脱毛という方法もあります。

 

ニードル脱毛とは、針を使って毛穴の1つ1つに電流を流し、毛根を破壊することによって毛の再生を防ぐという脱毛方法です。

 

原始的な方法ゆえにその歴史は古く、130年以上前から行われていると言われています。

 

その原始的な方法であるニードル脱毛ですが、現在でも完全な永久脱毛を行える唯一の方法として知られていて、

 

 

美容外科などの施設でもレーザー脱毛とともに取り入れているところもあります。

 

 

またレーザー脱毛や光脱毛は色素に反応するという性質があるために、ホクロやシミのある部分や、日焼けした肌などに使用すると火傷をする恐れがありますが、

 

 

 

ニードル脱毛の場合はそんな心配はありません。

 

 

ただし施術者が毛穴を1つ1つ手作業で処置していくという脱毛方法ですので、

 

 

施術に大変な時間がかかってしまいますし、費用もレーザー脱毛の3倍程度かかると言われています。

 

そして何より最大のデメリットと言えるのが、最も痛みが強い脱毛方法であるということです。

 

そのため全身脱毛には向いていませんが、

 

レーザー脱毛や光脱毛では処理しきれない部分ニードル脱毛を併用すれば、さらに満足のいく脱毛効果が期待できるでしょう。